自衛するためにも防犯ガラスを採用して安全な室内にしよう

暮らしを脅かす犯罪を未然に防げるものとは

防犯ガラスとは

ガラスを変える事で防犯面がアップするとは

近年の防犯面から見ると、自宅に居ても安全では無くなっているため、自己防衛による取り組みが必要となっています。住宅の安全を守り家族の安全を確保する事で、室内を快適でリラックスできる空間に変えるためには、住宅環境に合わせて必要な施工を行います。 外から室内に侵入する泥棒は、多くの場合窓から侵入を試みるため、窓ガラスを強固な物にリフォームすると良いです。1枚ガラスでは無く、中に金属の入った防犯ガラスや特殊加工された防犯ガラスを使用する事で、泥棒が侵入する時間を稼ぐ事ができます。泥棒は行動開始から5分以内で室内に侵入できないと、室内に入る事を諦める確率が高いため、防犯ガラスを設置する事で作業を止めさせる事ができます。

最新の防犯ガラスとは

防犯ガラスは泥棒が室内に侵入するのを阻む効果があるガラスですが、他にも大きな作用があるため、設置するだけで生活をガラリと変える事ができます。 それは防犯ガラスが耐震にも効果があるという点にあり、縦横斜めと揺れる地震に対し、適度な強度を発揮し割れるのを防ぎます。そうする事でガラスが飛散せず済むため、室内でガラスを触って怪我をする事を避ける事ができるので、地震対策にもなります。また防犯ガラスはすりガラスのようになっているため、のぞき見防止機能も発揮でき、屋外からのぞき見される心配も無くなります。様々な効果が期待できる防犯ガラスの現在の取り組みは、結露防止機能を搭載したガラスであり、温度差により発生する結露を抑制できます。

ピックアップ

防犯意識と鍵交換

鍵交換は防犯を強化するには非常に効果的と言えます。最近の鍵だとピッキングされないような作りになっているためです。鍵交換時はついでに住宅の侵入経路っを確認するといいでしょう。防犯意識を持つことが大切です。

最新の防犯について

セキュリティーは常に研究され最新タイプであれば防犯レベルは高くなります。そのため最近建てられた住宅であれば最新タイプの鍵が採用されていることでしょう。しかし賃貸の場合は常に確認することが大切です。

Copyright © 2015 自衛するためにも防犯ガラスを採用して安全な室内にしよう All Rights Reserved.