>

売買の相手選びから、売買の手続きまでを全面サポート

個人売買物件探しはネットで

知人や友人だから個人売買をしようと考える人は固い信頼関係があるから大丈夫だと考えがちですね。しかし知人や友人だからこそ甘えが出てしまうこともあります。

40万円の車を8万円ずつ5回払いにしたとすると、何かの都合で支払いが遅れだしたときに、知人だからあまり強くは言えません。でも人間関係の亀裂が始まります。良い友人関係や知人関係を守り育ててゆくためにも、トラブルのリスクは避けたいものです。

こんなことも考えられます。3回まで24万円払ったところで車の調子が悪くなった。修理費が10万円かかるという時、あなただったらどうしますか?つい、未払いの16万円からこの修理費を引いておこうと考えたくなりませんか?もちろん売ったほうはそんなことを言われれば、あんなに調子が良い車だったのにと、何か因縁を付けられたような気にもなります。

個人売買のトラブルを避けるには

個人売買のトラブルを避けるには、直接に知人や友人を避けるだけではなく、知り合いの紹介で第三者と売買する場合も避けたほうが良いといえますね。

売買中や売買が終わってからのトラブルでも、あまり強気なことを言うと紹介してくれた知人の顔に泥を塗ることになるかもしれません。つまり知人との関係が悪くなるか、あるいは売買に関して思うように動けなくなることが起こります。

知り合いからは車を買わないあるいは売らないというのが、良識ある行動といえるのかもしれませんね。

高額の商品の売買は現金の貸し借りと同じくらいデリケートだといえますね。

要するに知人友人の場合には、お互いに善意であればあるほどトラブルが起こった時に、お互いに非がないためにかえってもめてしまいます。


この記事をシェアする