車の個人売買を手助けする総合情報サイト

>

中間業者なしの個人売買

ネットによる相手との個人売買

マッチングサイトで出会った相手と車の個人売買をする場合には、まず次のような流れで売買が進みます。

*車の状態を確認しあい、代金について合意する。
*自動車税の未払いの分などの費用についての取り決めをする。
*契約書を交わす。
*代金の支払いを受ける。
*車の引き渡しをする。
*名義の変更をする。
*任意保険の手続きをする。

この売買をするにあたって次の書類を準備します。

車を売る人。
*自動車検査証
*自賠責保険証
*自動車税納税証明書
*委任状・譲渡証明書
*印鑑証明書*住民票・戸籍謄本

車を買う人。
*車庫証明。
*印鑑証明書

こうした手続きをきちんとしておきませんと、売買がすんでしまっているのに自動車税の課税通知が来たり、売った車が事故にあった場合にトラブルに巻き込まれたりします。

サイト上の売買でトラブルを避ける工夫

予備検査付き一時抹消渡しがそうです。

こうすると仮の車検証しかついていませんから購入者は名義変更しなければ乗ることができませんね。名義変更を代行してくれるサービスを使うという手もあります。

売買契約成立前に両者で細かい点を確認する。
*外装部分の傷などの確認。
*事故歴や修理歴の確認。
*エンジンの調子の確認。
*走行距離や入金方法、引き渡し方法の確認。*名義変更の時期の確認。
*車検証の確認。
*売買契約成立後の車の不調の責任の確認。
*瑕疵担保責任についても確認。

瑕疵担保責任とは、売買契約が成立してからその車に欠陥が見つかった場合には、売買成立後1年間は買主が売り主に対して損害賠償を請求したり修理を要求したりできる権利です。


この記事をシェアする