>

氾濫する情報に振り回されないコツ

個人売買で考慮しておくべきこと

車の個人売買市場は中古車市場全体の10%ほどです。いろいろとメリットデメリットがありますかららそれをよく検討して選択肢としてとらえるとよいでしょう。

まずメリットです。
*高く売れる。
*安く買える。
*消費税がかからない。
*珍しい車が見つかることがある。

こうしたメリットにもかかわらず、個人売買がそんなに大きな市場にならないのは、手間やリスクを考えると専門店で売買したほうが良いと思う人のほうが多いということですね。

デメリットです。
*手間と時間がかかる。
*車と金の受け渡しが結構面倒だ。
*売買成立後も故障や名義変更などのトラブルが起こることがある。
*どちらかが損をしたという印象を持つと怨恨になりやすい。
*トラブル発生となると収拾が大変。

個人売買の豆知識

今や一人に1台の車の時代ですから、何となく気楽に構えている人も多いのですが、車はやはり高額です。

そうした高額のお金のやり取りを全く知らない他人との間でするというのが個人売買なのです。数十万の現金を手渡すとなるとトラブルが起こっても不思議ではないくらいです。

法的に微妙な点は、盗難車を買ってしまった場合など、売主が知っていた場合にはキャンセルできますが、売主が知っていて売ったということを証明するのも楽ではありません。また売り主も知らないでいて、売買契約の時に「瑕疵担保責任を負わない」とされていると、場合によっては買主は泣き寝入りしかないというようなこともあり得ます。

日本自動車査定協会に依頼すると、車の事故歴や修理歴をチェックしてくれて「車両状態確認証明」を発行してくれます。


この記事をシェアする