自衛するためにも防犯ガラスを採用して安全な室内にしよう

暮らしを脅かす犯罪を未然に防げるものとは

窓の防犯対策

空き巣には窓への対策が有効

空き巣の被害を防ぐ有効な対策は、窓からの侵入を防ぐことです。戸建て住宅の空き巣被害では、半数以上が窓から入られています。 窓からの侵入を防止するためには、窓ガラスに対策を加える必要があります。 窓を破る空き巣の代表的な手口には、窓枠の隙間からドライバーを入れて静かにガラスを割る手口や、音を気にせず乱暴にガラスを割る手口などがあります。そのどちらの場合も、窓の鍵を手で回す隙間ができれば侵入できてしまいます。 通常の板ガラスは当然ですが、割れにくい網入りガラスでも、防犯には役立ちません。 空き巣の侵入しにくい防犯ガラスは、簡単に割れず、割れたとしても時間がかかるようになっています。 防犯ガラスはガラスの専門業者なら扱っているので、気になる場合は専門業者を探すとよいでしょう。

防犯ガラスとはどのようなものか

空き巣が破りにくい防犯ガラスは、音を立てず静かに割ろうとしても割れません。また、無理やり乱暴に破壊しようとしても、壊れるまでに時間がかかるように作られています。 防犯ガラスの構造は、2重のガラスと、その間の特殊フィルムでできています。特殊フィルムが入っていることで、割れにくくなる効果が生まれます。また、この特殊フィルムを厚くすることで、力ずくでも壊れなくなります。 防犯ガラスの性能については、CPマークの表示により判断することができます。CPマークは、官民合同会議で行われた試験で、5分以上の抵抗性能を示した商品に表示されています。 鍵の閉め忘れをなくすなど基本的な防犯対策に加え、防犯ガラスを導入すると、凶悪化する侵入犯罪への有効な対策になります。

Copyright © 2015 自衛するためにも防犯ガラスを採用して安全な室内にしよう All Rights Reserved.