車の個人売買で起こりやすいトラブルとは?

車の個人売買を手助けする総合情報サイト

売買の相手選びから、売買の手続きまでを全面サポート

売りたい人と買いたい人をマッチングする雑誌やサイトがたくさんあります。家族や親戚あるいは知人や友人と違いこうしたサイトや雑誌では全く知らない他人と売買をすることになります。 売るほうはできるだけ高く売りたい。買うほうはできるだけ安く買いたい。この両者の意思を一致させることが売買成立になります。

中間業者なしの個人売買

今や業者を通した売買だけが選択肢ではありません。ネットなどを通じて個人売買が広がっています。 個人売買の場合には、売買が終わってからが、問題が起こりやすいのです。 車の場合には翌日何が起こるかはそんなに予測がつきません。売買前に調子が良ければよかったほど、故障が起これば売ったほうは納得がゆきません。

氾濫する情報に振り回されないコツ

知人等を通して売買するのと違い、ネットなどの媒体を通して物件を探して売買をする場合にはいくつかのチェックポイントを守る必要があります。 中古車の個人売買は、売買が終わってからがトラブルが起こりやすいのです。 つまりトラブルのリスクの期間は売買終了後ほとんど無期限ということになります。

個人売買でトラブルを避けるには

車を個人売買する利点は、中間業者が入りませんから、彼らの利益分だけ節約できることですね。

ただし、あくまで個人売買ですから、その後発生する可能性のあるトラブル等は当事者達の自己責任となります。

具体的なトラブルの可能性を見ておきましょう。

*自動車税が前の所有者に請求される。
*事故車あるいは盗難車を知らずに買ってしまう。
*車を買ってから、車の調子が悪くなる。
*相手がなかなか手続きをしてくれない。
*代金の支払いが滞る。

こうしたことは専門業者を通した場合にはまず起こりません。

車の売買は決して安価なオペレーションではありません。友人、知人あるいは家族などの信頼しあう仲でも、契約書は作っておくとよいですね。車は生き物のようなところがありますから、たとえ今日調子よく動いていても、明日になると調子が悪くなることがあります。

人間関係がぎくしゃくするのを避けるためにも、売買上の約束事はきちんと決めておくとよいですね。信頼しあう相手だから、そんなことを約束事として決めるのは水臭いと思うかもしれません。しかし、それが互いの甘えなどから人間関係にひびが入るのを避けるためのコツです。

例えば、自分の欲しいと思っていた車を、良い条件で手に入れたと思って喜んでいたら、数週間でエンジンの調子がおかしくなって、修理屋に、高い修理代がかかるといわれれば、「おかしな車を買わされた!」と思いたくなりますね。売った方も、「あんなに調子のよかった車に、いちゃもんをつけて!」と思いたくなるかもしれませんね。

売買上の約束事をきちんと決めておくことの大切さがわかりますね。